2021年06月01日 News Release

いつもの味をどの店舗でも安定提供! TechMagicが「味」を可視化・監視するIoTツールを開発

〜測定情報はクラウドで一元管理が可能。チェーン展開する飲食店の美味しさの安定に貢献します。〜

  テクノロジーによる持続可能な食インフラの創造に取り組むTechMagic株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:白木裕士、以下「TechMagic」)は、調理中のスープやタレなどの温度、味(塩分濃度、BRIX濃度)、量などをリアルタイムで可視化・監視を可能にするIoTセンサーデバイスを開発しました。現在、原理検証 (PoC)が完了し、店舗での実証実験を予定しています。

 本デバイスは寸胴鍋の中にセンサプローブを沈めておくだけで、調理中のスープやタレの状態をリアルタイムで監視しグラフや数値として記録することができます。外食チェーン本部ではクラウドサーバを通して得た各店舗からのデータを元に、味の一元管理をすることが可能となります。
 牛丼店のタレやラーメン店のスープなど、外食店舗の厨房では液体を寸胴鍋で常時加熱しながら調理する工程が数多くあります。これらの品質を一定に保つためには温度や品質に関連する項目を逐次記録する必要があり、調理スタッフの負担となっているのに加え、外食チェーン店では各店舗の味の統一化が難しいことが課題となっています。

 本デバイスが導入されることで、外食チェーン店の課題であった店舗による味のバラつきを解消することが可能になることに加え、2021年6月から完全義務化されるHACCP(食品衛生管理)に向けた温度管理にも対応が可能となります。
 これにより、店舗スタッフの生産性向上に繋がると共に、コロナ禍においては食品と人との接触機会の低減を実現し、飲食店の感染症対策に貢献いたします。

 現在、原理検証が完了し、プロトタイプによる店舗での実証実験を計画しています。また、製品化に向けたパートナー企業様を広く募集しています。顧客ニーズに応じた機能追加などのカスタマイズを柔軟に行いながら、外食産業の持続可能性に貢献する製品としてまいります。

センサーデバイスの特徴

▲製品コンセプト図
▲プロトタイプ外観(スープジャーと内部のセンサプローブ、IoTデバイス)

1.8つの項目を監視

  1台で寸胴の内側、外側の環境を計測することが可能です 。

2.可視化した情報を一元管理

 測定された情報は最小1分間隔でクラウドに自動保存されます。また、クラウド上のデータは所有者であれば、どこからでもリアルタイムでグラフを閲覧することが出来ます。

▲ブラウザ上からのスープ状態の確認画面

3.アラート機能

  特定の計測要素の値が指定範囲から出た際は、異常な値が出たことを通知します。本部もしくは店舗にてリアルタイムに把握可能なため、すぐに対策を講じることができます。

使用環境

●ACアダプター電源(USB端子にて5Vを供給)
●Wi-Fi環境(オプションでBLE接続)

■TechMagic株式会社 会社概要

社名: TechMagic株式会社
本社: 東京都江東区青海2‐5‐10 テレコムセンタービル西棟13階
設立: 2018年2月
代表者: 代表取締役社長  白木 裕士
URL: https://techmagic.co.jp/

■本件に関するお問合せ先

メディア取材のお問い合わせ:pr@techmagic.co.jp
協業、商談のお問い合わせ:hello@techmagic.co.jp